2014/01/13

大自然の恩恵

タイ滞在4日目。

滞在期間中、唯一の休日は象に乗ったり、イカダで川を下ったりと、大自然にたくさん触れることができました。

その中で、最もエキサイティングな体験だったのが、トラを触ったこと!!
最初は好奇心でワクワクしてたけど、檻に入った時は、トラのあまりのデカさに怖気づき、何度引き返そうと迷ったことか。。

でも、実際触れてみると、その大きさや目の奥の優しさに感動し、次第に愛おしく感じられました。

動物園やペットショップにいる動物たちに対しては、様々な意見があると思います。
私もはじめは、人間に都合よく調教されて、哀れだと思ったこともありました。

ですが、こうして触れてみることで、より一層、動物を身近に感じることができるのです。
すると、全ての生き物に対して敬意が湧くし、もっと自然を大事にしよう、守ろうという気持ちも湧く。

時には、人間から酷い扱いを受ける動物たちがいるのも確かで。
そういった事実からは目を背けてはいけないし、必要以上の犠牲は絶対に出してはならない。そのための行動を起こしていかなければとは思う。

だけど、かつて私が「哀れだ」と感じていたことは、私の勝手な思い込みとジャッジだったんだと気づいたのです。
全てを否定していては、何も始まらない。恩恵を受けることだって、たくさんある。

今回の大自然に触れる旅で、私は間違いなく、今まで以上に動物を好きになれました。
あえて言うなら、今回出会った動物たちは、人間の都合で生かされている。
その動物たちに対して、私は、そうしてくれていることへの感謝と敬意を持ちたいと、心から思いました。