2014/06/21

学校公開 ~後篇~

そしてそして、もう一つ嬉しかったサプライズ。
年長だった時の担任タカト先生が、なんと授業参観に来てくれたのだ!! ...
先生は、運動会や参観などのイベントがあるたびに、何校もまわって卒園児を見に来てるのだとか。


あの時、担任としてクラスを受け持つのが初めてだったというタカト先生。

幼稚園で唯一の男の先生で、
初めての担任で…。
何かと段取り間違えたり、園児たちに「ピアノがひけない」などとヤジをとばされたりして、
保護者一同から「あの先生大丈夫かな」的な雰囲気を感じたのは、おそらく私だけではないはず…。

そんな中で行われた運動会を、私は忘れもしない。

あの日、誰よりも感極まって号泣するタカト先生の姿があった。
それを見た私は、逆に感動させられてしまった。

その後も、卒園が近づくにつれイベントなどではいつも目をウルウルさせていたし、
最後の卒園式も、入場の時点ですでに一泣きしているであろう表情で出てきた。

その時、会場がドッと湧いたのは、もうその頃すでに保護者一同の中でもタカト先生の熱さは浸透していて、注目度が高かったのを物語っていた。

今、卒園を経てもなお、こうして会いに来てくれる姿を見て、なおさら思う。
タカト先生で良かった!!

人生で、そう思える先生にどれくらい出会えるだろう。