2014/12/31

2014.12.29をもって、今年度の仕事を納めました☆

Quan Yogaでの108回太陽礼拝WSに始まり、夕方からはダッシュで移動して会社の忘年会でのステージへ…
チームQuanでの演目に、出させて頂きました。

お会いした人以外には、まだお伝え出来ていなかったのですが、
今年10月からLAVAの姉妹店である音とヨガを融合させたQuanYoga銀座というヨガスタジオのメンバーに仲間入りを果たし、自身のWSを開催させて頂きながら徐々にフェードイン。
来年から正式にQuanYogaレギュラークラスも担当させて頂くことになります。

Quanメンバーのバックグラウンドは、シンガーにダンサーにと多才で、それらの力が合わさって最近は多方面での創作活動が増えてきています。
そんな中でご一緒出来たことが、とても光栄でした。

忘年会の会場では、
現場でレッスンをする私たちの裏で働く本社の方々とお会い出来たことも嬉しかったです。
かつて大変お世話になったあの人、日頃支えてくださってるこの人…
たくさんお会いする中で、私は、私が認識している以上に多くの人に支えられ、見守られていたのだなと改めて感じられた日でした。

2014年の締めくくりに、ふさわしき日。
感謝と畏敬の念があふれる幸せな仕事納めの日。

ぶっちゃけ、ここ数年は色々ありすぎてドン底で、世の中が明るく騒がしい時期でも到底そんなテンションになれなかったため、今年はこんな気持ちで年末年始を過ごせることが、とても幸せです。

こうして周りに人が存在してくれるだけで至福なんです。
いや、ずっと前からすでに存在してくれていたのでしょう。辛い時は心の眼が閉じていて、見えなかったのかもしれません。
でも、見えるようになったのは辛さを味わったからこそ。
ずっと眼を閉じて暗闇を味わった分だけ、眼を開けた時の光が眩しく感じます。
だから、心の眼を閉じる時があってもいいのだと、私は思います。

まるで呼吸をするように、
吐いた後は自然と吸うように、
閉じた後は開く時が来る気がします。

今年もお世話になりました。
また来年も、よろしくお願いします。