2015/07/08

娘のピアノ発表会その2

ピアノの先生が提案してくださり、連弾もさせて頂きました。
そういや私、ピアノ弾けるんだったと思い出すw

3歳から18歳までわりと真面目にやっていて、音大志望だったはずが脇道それて今に至ります。。。 ピアノに関しては、もうそれはそれは一言で表せない色んな想いがあって。

自由になりたくて音楽をやってたはずなのに、実はそれが一番窮屈になっていたことや、
音楽という道を真っ直ぐに歩めなかった自分に、親に対してどこか負い目を感じていたこと。

想いが強すぎるがゆえに、きちんとやろうとしすぎて自らを潰してしまったこと。
後悔と懺悔と情けなさと、だけど大好きでいつもどこかで関わっていたい気持ちと。
もう本当に色々と。

それが今、十年経ってまさか自分の子どもと舞台に上がるとは、あの頃予想もしていなかった。
ほんの小さな曲だけど、たった数分の出番だけど、
「楽しんで弾く」ってこういう感じなのかなって、この歳になって少しわかった気がします。

今の私なら、自由に弾けるかな。
そんな兆しが見えた日でした。

また、やってみようかな。