2015/11/28

早朝の托鉢へ向かう途中。
夜が明けたばかりの、最も神聖な時間帯。
朝靄に包まれて、一瞬自分がどこにいるのかわからなくなった。


夢と現実の狭間。