2016/01/12

3日に1回は聞かれるシリーズ①
仕事柄、毎日同じ顔ぶれではないため、わりと新しい出会いが多い。
そのためか、これまで私の人生でいったい何百回聞かれたであろうかと思う質問が多々ある。

もしかしたら、そっけなく返事してるかもしれない。
まともに答えず、かわしてるかもしれない。
内心、イラッとしてるかもしれない。
でも、ごめん。それは、しょうがないと思ってる。
だって、皆にとっては初めての質問でも、私にとっては100回目ぐらいなんだもん。
だからね、いつしか書きたかったこのシリーズ。
今何となく、書いてみようと思った。
------------------------

私が肉や菓子を食らってる時、
「芥川さんって、そういうのも食べるんですね?」という質問。

食べますよ、食べますとも。
けれども、それは全く無意識にというわけではなく、私なりに食と向き合う中で、そうしてるんです。
添加物や農薬が危険というのは一般論。そんなことはもう、誰でもわかること。

私が知りたいのは、「コレを食べると危険」とか、そういうことではなくて。
いくら食べ物に気を遣っていても病気になる人がいて、
いくらカップ麺やら何でも気にせず食べても健康で大往生する人がいる、その事実について。
どうやら食べ物だけではなさそうな、奥深くにある真相が知りたいんです。

だからもう、ここ数年はマクロビオティックレシピの研究よりも、
どうしたら何食べても平気な人でいれるのかを研究してます。
そうすると、行き着くところはどうしても、思考や感情、魂レベルの話になってきます。
おそらくだけど、抑圧された感情や、様々な入れ知恵により偏った思考、自己否定、癒えてないトラウマなどが、健康を害するのではないかと思っています。

そういう目に見えないことのほうが、食の質より遥かに多大な影響を及ぼすのだと。
と、そんなことを考えるから、私は何でもわりと食べます。

そんなユルユルの私が気をつけることは。。
電子レンジは9年前から一切使っていないことと、
スーパーで、食材の買い出しはほとんどしないことです。(生協の無農薬野菜切らした時は例外)
電子レンジがないと食材はほぼ保存しなくなり、食べる毎に新鮮なものを作ることになります。
スーパーに行かないだけでも、余計なものを買わなくなります。
まぁ、そんな感じです。

何でも食べてる=何も気にしてないって思われるのも嫌だし、
玄米しか食べなさそうと思われるのも嫌だというワガママな乙女心がありまして、
だから本当は、質問してきた人全員に、ここに書いたこと全部話したいんですよ。
でも無理なので、ここに記します。

以上!