2016/03/23

永遠のバイブル

大事すぎて、あんまり気軽に書きたくないのだけど、そろそろ書こうと思う。
私、どの経典や聖典より、最も心の支えにしているものがあって。
それが、岡本太郎の本で。


誰にも言えなくて苦しいことがある時や、
それを乗り越える術が全く見出せない時、
ものすごく孤独だなと感じる時、
私は、いつも岡本太郎の言葉を支えにしてきた。

どうしようもなくキツイ時は、藁をもすがる気持ちで、それらを手に取って握りしめてた。
ここには、噓偽りがない真理が書かれていると思う。
ものすごく前衛的でありながら、この世が始まった時から不変の真実が、書かれていると思う。
今回のこの時期も、ものすごく救われてる。

よし、あと少し。もう少し。
もう一息、頑張ろう。

この重さが、果たして自分の稚拙な文章で伝わりきるのだろうかと心配で、書きたくなかった。
でも、伝えたい気持ちが上回ったから、初めて書いてみた。

どうしても、一歩が踏み出せない時。
逆流の中をかき分けて、進んでいかなければならないと感じる時。
「これでいいや」と甘んじそうになる時。
耐え難く孤独を感じる時。

そんな時に、おすすめの本たちです。

いやぁ、ヨーガスートラより全然こっち。

※ちなみに、相変わらず読書は苦手です。