2016/03/09

私の中にある愛は、私の中にある悲しみを、愛してる。

私の中にある愛は、私の中にある憎しみを、愛してる。

私の中にある愛は、私の中にある怒りを、愛してる。


私の中にある愛は、私の中にある否定を、愛してる。

肯定的で、い続けようとすることこそが、否定的であることを受け入れないということ。

「愛とは全て」といいながら、ネガティヴを排除するその矛盾を、一体どう説明してくれる?