2016/04/14

エジプト展での大失態

先ほど書いたボッティチェリ展で思い出した。

そうそう!
美術館といえば、昨年行ったエジプト展で、こんなことがあった。

現地で母と待ち合わせして、車で向かった私。
高速乗り場で、財布を忘れたことに気づき……後払いでもいいと言われたので、証明書かなんかを書いて高速に乗らせてもらう。

なんとか美術館に辿り着くも、近くに駐車場が無い!!
トラブル続きで時間に遅れてて、すでに母を待たせまくっていた私は、半泣きでめっちゃ遠い駐車場から走って向かっていた。

会場に着いたけど、おっと財布が無いからチケット買えないじゃないかーー!!!
おまけにこんな時に限り携帯の充電も切れて、先に中へ入った母に来てもらえない……。

母を待たせてて、駐車場もリサーチしてなくて、高速代ツケてて、携帯充電してなくて、財布忘れてて、どこをとっても非の打ち所しかない私に対して、これほどイラついたことはないくらい!!!

ひどい形相で、溶けるような暑さの中立ち尽しながら、

「ああー神様。こんなどうしようもない私でも救ってくれたら、あなたがいると信じます」

と、心の中でつぶやいたのね。

そしたら、その瞬間見知らぬおじさんが近づいてきて、

「あの、チケット余ってるんで良ければどうぞ」と一枚のチケットを私にくれた……

ああありがとおおおごじゃいましゅうううーーー(号泣)

実感のこもりすぎた熱いお礼に、そのおじさんはしばし引き気味だったが、

でもこうして、私は体験したんだ。
どんなダメダメでも、きっと誰か助けてくれるって……
見捨てられることはないって……

っというわけで、この日無事にエジプト展を母と観れましたとさ!

って、おーーーい。
こんなことで引き寄せ使ってる場合じゃなーい!
もっとあるだろうがよ。叶えたいことや野心がよ。

みんなこうして、日々引き寄せてるんだろうな。
見たいテレビが見れたとか。 
食べたいもの食べれたとか。
思い浮かべた人と偶然会えたとか。

まぁそれで喜ぶのは悪かないけど、
でも、せっかくなら本当に引き寄せたいことを、意図して引き寄せないとなって思った。
自分のため人のため世のためになるようなビッグプロジェクトを!!!無限の可能性を!!!

と思うと同時に、今回のことで「ダメな人間こそ救われるのだ」というのを確信できたから、結果起きてよかったとは思ってる。

その後、何を観たかさっぱり覚えてない。私にとってのエジプト展とは、そんな思い出。



泣きっ面で被り物で自撮り。
反省の色、なし。


スフィンクスをバックにもう一枚。
目線を遠くにしてみました。


うぉぉお〜!料理家たかはしよしこさんのエジプト塩がお土産売り場に!!
これ、サラダにふりかけるだけで本当にめちゃウマなんだよなぁ。
(まさしく花より団子状態)



こちらが、神の遣いのおじさんから頂いたチケット。
やっぱり捨てれない。