2016/04/28

【4/28発売】監修本 寝ながら美尻 つけナイトヒップ

寝ながら美尻 つけナイトヒップ」(主婦の友生活シリーズ)


ついに本日発売となります!

寝ている間にも美尻をつくろうというコンセプトをもとに
つくられた、就寝時に着用するショーツが付録となっている美尻づくりメソッド本。
こちらを、なんとわたくしが監修させて頂きました!


美尻づくりには、なんといっても日々の運動!
ではありますが、実は普段履いているショーツも、お尻形を左右するのは意外と知られていないようです。

ショーツを開発するにあたり、私が一番こだわったのは、
ヨガで学んだ知恵を生かすことでした。

巷に出回る骨盤美尻系ショーツは、締め付けが強すぎる
となどにより、かえって身体に負担がかかってしまうとうのが私の見解です。

ヨガの観点でも、リンパ節のある股関節部分や、子宮のある下腹部を強く締め付けるのは避けたほうが良いのです。

かといって、全てゆるゆるだと重力によってお尻が垂れてしまいます。

つまりは、引き締めたい部分と緩めたい部分、両方があるということ。

そのメリハリを、1つのショーツの中でどのように実現させるかがとても難しいポイントでしたが、皆様のおかげで見事に実現させることが出来ました!

女性にとって大切な下腹部は深く柔らかく温かく包み込み、股関節付近もゴムの食い込みを無くしてわざとゆったりとした構造に。

そして、はみ出しやすいお尻下部のお肉部分は、ある特殊構造を施すことにより、しっかりとキャッチアップしてサポートします。

こちらが大変話題作となっているので、全国書店にて、きっとどこでも目にして頂けると思います!

オーガニックコットンを使用していますので、敏感肌の方や環境意識が高い方、ヨガをする人にもオススメです。

顔や髪型、お腹など前ばかりではなく、後ろ姿も磨きをかけていきましょう!


ヒデキカンゲキ

まぁ、そんなこんな書いてる昼下がりのカフェで、今ですよ。たった今。
突然、店員さんから頼んでもいないコーヒーがテーブルの上に差し出された。
「先ほどいらしたお客様からです」。

は?


そのコーヒーと一緒に、トレイには一通の手紙が…
『突然失礼致します。斜め後ろに座っていた者です。アバンギャルドな素敵な女性とお見受けしましたので、よろしければお知り合いになって頂けませんか』
との内容とともに電話番号が。
すかさず斜め後ろを振り返っても、誰もいない!どこにもいない!
そして私の頭の中には、ずっと西城秀樹のことしか思い浮かばなくて、
なんなのこれー、もしかして西城秀樹だったのかな?などと思っていたら間違えた。


それ、アバンギャルドじゃなくてギャランドゥだ。ギャランドゥ。
さて。頂いたコーヒーでも飲みながら、もう少しゆっくりしようかな。
でさ、そんな中、私がこの世で一番興味のあるものは、
結局のところ、

「人の正体」なんだということがわかった今日という
日は、
きっと忘れられない一日になる気がする。
昨日、「し、しぬー!」と嘆いたら、
フッと力が抜けた。
そこに見えたのは、
自分が自分が自分が自分が、が、が、我、我、我ー!っという力みだった。

もう自然に任せよう。
私を好きにしてください。
私もそうするから。
そんなふうに思えた。

やっぱり、気持ちを表現すること大事。
焦ったり、慌てたり、イラついたり、色んなことがあるけれど、試しにそれを口に出してみって思う。騒ぎ立てたらいいって思う。
逆にすごい落ち着くから。
ありのままを表現したら、落ち着かせようとするまでもなく、自然に落ち着くの。
なぜかって、自分に認めてもらえるのは最強に安心するんだよ。
いいじゃん、なんでも言ったって。なにを思ったって。
みんな、自由なんだから。

2016/04/27

いろいろなことが一気に押し寄せてきて、もう、、限界かもしれん!!
し、しぬーっ

一人じゃ手が回らない。

あの、フライヤー作れて告知が上手でスケジュール管理できてメールの返事が早く丁寧で私のことを朝起こしてくれる人いませんか。笑
夏のフジロックに向けて。

胸が高鳴るわ〜


2016/04/25

【新ブログ】@COSME(アットコスメ)ダイエット

もはや説明不要なほど、全国で多くの人がアクセスしている巨大口コミサイト、「@COSME(アットコスメ)」より新コンテンツ「@COSMEダイエット」がオープンするそうな。
そこでわたくし、コラムを書かせて頂くことになりました。
ぜひともFollowMeでございます。

コラムはこちら。


2016/04/22

レヴェナント ー蘇りし者ー

待ちに待った「レヴェナント」。


公開初日の朝一番に観たという、私の気合いの入りっぷりが伝わりますか。

凄まじかった。
どのような凄まじさかと言うと、あんなに最初から最後までポップコーン食べる気にならなくて全残しした映画は初めてかというくらいの凄まじさ。

死と直面した時に顕れる、
人の本性。そして、生命力。

人間に生まれたくなかったと思うほどの醜さも。
大切なものを奪われた時の怒りの、神々しさすら覚える美しさも。

きれいごと、一切なし。
容赦なく、描き倒されてた。

後から知ったけど、監督が「バベル」と同じ人だというのを聞いて、納得。

登場人物それぞれの背景に垣間見える、終わりなき無限の循環を捉えた時、

もう誰のせいでもないし、どこに何を以ってしても落としどころのない事実に、ただただ立ち尽くすしかないという。

あの、嫌〜な感じが「バベル」と被るところがあった。

この映画を観て、「復讐心からは何も生まれません。相手を許すことです」なんて言えますか。
例え、神様仏様がそう言ったとしても、私は絶対に言えません。

あ、それと。
もう熊が怖くて森の中には行けません。

【6/5,7/9,8/6,9/17 東京】ヨガとマヤの叡智と曼荼羅セミナー

マヤの叡智、コズミックダイアリーで知られる柳瀬先生とのコラボレーションセミナー開催が決定。なかなかない貴重な機会です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

柳瀬 宏秀(コズミックダイアリー著者) & 芥川 舞子(クリスタルクリア・ヨガアカデミー主宰)


曼荼羅美術館で、ヨガを深め、

マヤの叡智に触れる。




-全4回-
6月5日(日)7月9日(土)8月6日(土)9月17日(土)
※各回16:30~19:30



〈ヨガ〉と〈マヤの叡智〉と〈曼荼羅〉。
この3つを同時に学ぶことができる、スペシャルコラボレーションセミナーを開催します。

古代インド発祥のヨガと、マヤの時間の叡智「コズミック・ダイアリー」(13の月の暦)、そして、仏教での悟りの境地を表した曼荼羅。
これらを同時に捉えた時、私たちの意識の進化は、急激に加速するでしょう。

日本におけるマヤ暦研究の第一人者、柳瀬宏秀氏に直接学ぶ〈マヤの叡智〉からは、「時間」という概念の’本当の意味’’を知ることができます。
さらには、長年ヨガの実践と普及活動を行う芥川舞子による「月礼拝」や「宇宙と地球に繋がる呼吸」、「曼荼羅瞑想」などを通して、心身に宇宙のリズムを呼び覚まします

古代の先人たちが残した偉大なる叡智に、ぜひ触れてみてください。
忘れかけていた「自然時間」が蘇り、全てとの繋がりを感じながら生きることができるはずです。


【日程&内容】

① 6月5日(日)16:30~19:30 
テーマ「月を観じる」
月を観る。本当の月との会話が生まれる。
のリズムで生きる文化と智慧。(柳瀬 宏秀)
アーサナ~月のリズムを奏でる月礼拝~(芥川 舞子)
         
② 7月9日(土)16:30~19:30 
テーマ「カーラチャクラ・マンダラ(時輪曼荼羅)」
時間の叡智がマヤの預言。カレンダーの意味と目的。(柳瀬 宏秀)

プラナヤマ~地球の呼吸、宇宙の呼吸と一体化する~(芥川 舞子)

③ 8月6日(土)16:30~19:30 
テーマ「曼荼羅とは~視覚で意識を変える~」
マンダラは、変化をひき起こすエンジン。ホゼ・アグエイアスにとってのマンダラ。(柳瀬 宏秀)
ディヤーナ~曼荼羅瞑想~(芥川 舞子)

④ 9月17日(土)16:30~19:30 
テーマ「全ては叡智と繋がるために~高次元へのアクセス~」
叡智とは? 虚空蔵、空の中に無限の蔵がある。(柳瀬 宏秀)
イシュワラ・プラニダーナ~ヨガで叡智と繋がる~(芥川 舞子)

【場所】
曼荼羅美術館 (観蔵院 境内)
西武池袋線「練馬高野台」駅から徒歩10分。
〒177-0035 東京都練馬区南田中4-15-24
TEL 03-3996-6911

【受講料】
全4回 36,000円
各1回 10,000円
※全4回の参加をお薦めしますが、1回のみの参加も可能です。

【お申し込み】
http://maiko-akutagawa.com/contact/
※詳細が記載された予約完了メールが届き次第、受付となります。
※3日以内に予約完了メールが届かない場合、再度送信してください。
※その他、お問い合わせもこちらへどうぞ。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
〈プロフィール〉
柳瀬 宏秀
(環境意識コミュニケーション研究所代表)
コピーライター、CMプランナー、映像プロデューサーを経て、2002年の2月に電通を退社。
マヤ暦研究の第一人者ホゼ・アグエイアス博士の、日本で唯一の代理人。1997年に「13の月の暦」の普及についてホゼ・アグエイアス博士より相談を受け、「コズミック・ダイアリー」を企画、以後17年間執筆。
COSMIC BRAIN READING (柳瀬式速読) を伝え、5%しか使っていないと言われている残りの脳の使い方を伝える。それは、叡智にアクセスして進化するということ。
また、「初詣の 願いを 祈りに」変えることを呼びかけ、祈りのくにづくりを提唱する。
環境=まわりのもの。環境意識=まわりのものを感じる(意識する)ことというシンプルな定義づけに戻るところから、環境問題の解決へのビジョンを提案し、根本的な価値観の見直しを目指す。

2016/04/19

【5/14東京】残席わずかとなりました

公開数日にして半数以上のご予約に達しています〜!
ありがとうございます。
ご検討の方は、ぜひお早めに!

詳細はこちら

2016/04/17

誕生日


皆さーん!

昨日今日と、様々なかたちで私のお誕生日を祝福してくださり、本当にありがとうございます。

しっかり受け止めさせて頂きました!
今の時期、優先して取り組みたいことがたくさんあるので、今年はお一人お一人へのお返事は割愛させて頂き、こちらの投稿にてお礼にかえさせてください。

地震によって、多くの人の心が揺さぶられています。
けれど、今これだけの人々がそこに意識を向けているのですから、「きっと大丈夫だ」とも思っています。

こういう時、いつも思います。
何かが起こった時にだけにならないためには、どうすればいいのかな?と。

やはり、日々どう生きるかを、模索することでしかないのだろうと。

今この瞬間も、いろんなことが起きていると思います。
日の目を浴びずに苦しんでいる人が、案外身近にいるのかもと思います。

それら、一人一人が抱える心の闇に気づけるセンサーを持ち、そこへ光が届くような行動を、これからも揺るぎ無く継続していきたいと思います。  

これからも引き続き、どうぞよろしくお願いしますね!

2016/04/16

ちょっと疲れちゃった。
楽な感覚を覚えたから、最近すぐ疲れるようになった。
退化してるようで進歩。

2016/04/15

花腰歌舞

圧巻だったこちらは花腰歌舞の人たち。
三拍子で歌い、二拍子でステップし、一拍子で拍手するという超ハイパーパフォーマンス。


こんな踊りや歌が、この地球のどこか知らない山奥で無数に鳴り響いていたなんて。
なんてこった。


楊麗萍「シャングリラ」


「”シャングリラ”とは、”美しい場所”を意味する言葉です。私たちはこの作品の中で、人間が本来持つ”美しい気持ち”を表現しようとしています。自然や生命に対する憧れや畏敬の念を、言葉ではなく、昔から行われてきた踊りや歌によって表すのです」
(ヤン・リーピン)

この言葉の通り、すごくすごく伝わってきた。

私はヤン・リーピンの存在により、踊りは表現するためだけのものではないことを初めて知った。
人が観ていなくても、彼らは踊るし歌う。それはまるで呼吸をするかのように、生きている限り誰しもがすることのように、ごく自然に。

ありのままでいいということを、こんなにも美しく観せてくれる芸術って他にあるだろうか。

人が生まれて、人に出会って惹かれて別れ、そして朽ち果てていくという生命活動そのものが、こんなに素晴らしいものなのだと気づかせてくれる芸術って他にあるだろうか。

私何もしてないのに、ただ観ただけなのに、何か突き抜けた気がするわ。

いやはや、すごい舞台だった。

秋元けんたろうさん

今日も、本当に嬉しい日。
福岡を拠点に活動されているヨガティーチャー秋元けんたろう先生と都内でお会いして、朝からとっても気持ちの良いお茶会ミーティングの時間を、過ごさせて頂いた。
けんたろうさんとお会いするの、そういえば初めてだったけれど、
「あ、この人はやっぱり本物だ」と肌で感じた。
奥底にある想いを汲み取ってくれて、私自身も自分のいろんなことを再確認できた。
既成の概念を壊したいという欲求や、常に真新しい自分と対峙したいという挑戦など、
魂にプログラミングされたミッションが重なるところも多く、深く共感を覚えるとともに、その生き方に感銘を受けた。
決して長い時間ではなかったけれど、コアな部分で繋がれた気がした。
やはり、本質をみている人は、多くを語らずともきちんと理解してくれるということか。
と思っていたら、けんたろうさんのFacebookでこんな投稿が。

わたしの魂に宿る「既成概念をぶっ壊したい!」
そんな強い想いを共感しあえた、素敵なミーティングになりました〜!!
自分と正直に向き合い、既存の型に囚われない
「繊細さ」と「力強さ」両方を兼ね備えた 芥川 舞子さん
新しい時代の幕開けとなる、これから、、、
ブレークスルーを起こす価値観をどんどんクリエイトして
多くの女性たちを導くリーダーとなる人だと感じました
舞子さん、ありがとうございました〜!!


嬉しか〜。涙出るほど、嬉しか〜。
わかってくれる人は、わかってくれるんだ。


お誕生日祝いにと頂いたパンケーキは、家族との朝食に。
けんたろうさん、ありがとうございました!
これからも、よろしくお願いしますね。

2016/04/14

エジプト展での大失態

先ほど書いたボッティチェリ展で思い出した。

そうそう!
美術館といえば、昨年行ったエジプト展で、こんなことがあった。

現地で母と待ち合わせして、車で向かった私。
高速乗り場で、財布を忘れたことに気づき……後払いでもいいと言われたので、証明書かなんかを書いて高速に乗らせてもらう。

なんとか美術館に辿り着くも、近くに駐車場が無い!!
トラブル続きで時間に遅れてて、すでに母を待たせまくっていた私は、半泣きでめっちゃ遠い駐車場から走って向かっていた。

会場に着いたけど、おっと財布が無いからチケット買えないじゃないかーー!!!
おまけにこんな時に限り携帯の充電も切れて、先に中へ入った母に来てもらえない……。

母を待たせてて、駐車場もリサーチしてなくて、高速代ツケてて、携帯充電してなくて、財布忘れてて、どこをとっても非の打ち所しかない私に対して、これほどイラついたことはないくらい!!!

ひどい形相で、溶けるような暑さの中立ち尽しながら、

「ああー神様。こんなどうしようもない私でも救ってくれたら、あなたがいると信じます」

と、心の中でつぶやいたのね。

そしたら、その瞬間見知らぬおじさんが近づいてきて、

「あの、チケット余ってるんで良ければどうぞ」と一枚のチケットを私にくれた……

ああありがとおおおごじゃいましゅうううーーー(号泣)

実感のこもりすぎた熱いお礼に、そのおじさんはしばし引き気味だったが、

でもこうして、私は体験したんだ。
どんなダメダメでも、きっと誰か助けてくれるって……
見捨てられることはないって……

っというわけで、この日無事にエジプト展を母と観れましたとさ!

って、おーーーい。
こんなことで引き寄せ使ってる場合じゃなーい!
もっとあるだろうがよ。叶えたいことや野心がよ。

みんなこうして、日々引き寄せてるんだろうな。
見たいテレビが見れたとか。 
食べたいもの食べれたとか。
思い浮かべた人と偶然会えたとか。

まぁそれで喜ぶのは悪かないけど、
でも、せっかくなら本当に引き寄せたいことを、意図して引き寄せないとなって思った。
自分のため人のため世のためになるようなビッグプロジェクトを!!!無限の可能性を!!!

と思うと同時に、今回のことで「ダメな人間こそ救われるのだ」というのを確信できたから、結果起きてよかったとは思ってる。

その後、何を観たかさっぱり覚えてない。私にとってのエジプト展とは、そんな思い出。



泣きっ面で被り物で自撮り。
反省の色、なし。


スフィンクスをバックにもう一枚。
目線を遠くにしてみました。


うぉぉお〜!料理家たかはしよしこさんのエジプト塩がお土産売り場に!!
これ、サラダにふりかけるだけで本当にめちゃウマなんだよなぁ。
(まさしく花より団子状態)



こちらが、神の遣いのおじさんから頂いたチケット。
やっぱり捨てれない。


ボッティチェリ展へ

行ってきました!

今話題の、ボッティチェリ展へ。
見どころを迎えた桜を背にして上野公園を通り過ぎ、今日は花よりボッティチェリ。

感想は・・・。

いやはや、しかし。
堅苦しく展示されたものを観るのは、ちょっと苦手なのかもしれない。

正直、観終わった後どうリアクションしていいかわからなかった。
作品よりも、その場にいた人々が人々を押し退けてゆく様に意識がいくわ、めっちゃ足踏まれて吹っ飛ばされている自分にウケるわで、

自分を含めた人間って一体…
芸術って一体…

なんてことを、ぼんやりと考えて。

ていうか、もっと自由でいいよね。
アートを感じる瞬間は、意外と形に残らないものとしてあるのかもしれないなと。

そんなふうに、思った。


ふざけてこんな写真を撮ったり、

可愛いからといって無理やりポーズをとらせ、銀ピカが冷たいんだとスゴイ顔にしかならなかった娘の顔などが、
一番印象的でした。

これが、私にとってのボッティチェリ展。
感想なんて、なんでもいいのさ。

2016/04/13

【5/14東京】ワークショップ開催

前川憲大×芥川舞子による
身体と心の統合セルフコンディショニング


芥川舞子主宰クリスタルクリア・ヨガアカデミーでは、ヨガという形式に囚われず、あらゆるジャンルのスペシャリストをお招きして、様々な世界観に触れて頂く機会を積極的に作っています。

その第一弾として、1日限りのスペシャルセミナー開催が決定致しました。

今回お招きするのは、芥川舞子が唯一、ボディコンディショニングを全てお任せしているセラピスト前川憲大氏です

意識が身体にどのような影響を及ぼすのかなどを、体感ワークを通じて実験的に行います。その中で、痛みのある部分や硬い部分の根源となっている箇所を発見し、アプローチします。すると、これまで抱えていた身体の問題が簡単に解消したり、可動域が広がるなど、数々の体験ができることでしょう。

当日は、参加型のディスカッションを含めて、皆さんの個人的な質問にもお答えします。
また、芥川舞子によるヨガポーズのガイドに合わせて身体を動かしながら、その瞬間に起きている不具合に、オンタイムで前川氏がアプローチをかけていきます。

ヨガ練習生も、全く初めての方も、男性も女性も大歓迎です!

この機会に、その人それぞれがもつ快適さや、本来の身体と心に、出会ってみませんか。

・強くストレッチすることで余計に硬くなる理由
・身体は歪んでいてOKな理由
・身体よりも、まず脳を変える
・自然環境と身体環境の密接な関係
・幸福感と身体機能
その他さまざまなセルフコンディショニングなど

日時
5月14日(土)10:00〜13:00@吉祥寺駅から徒歩5分(詳細はご予約時にお伝えします)

料金
8000円

持ち物
動きやすい格好、バスタオル、飲料水、ヨガマット(レンタル200円)

【予約する方は、必ず下記フォームから送信してください
http://maiko-akutagawa.com/contact/



〈前川憲大プロフィール〉


コンディショニングスタジオ洋陽 代表/
自然をまとった理学療法士

約10年間、整形外科疾患患者を中心に5万人の治療に携わる傍ら、スポーツ現場にて選手のケアやコンディショニングも行う。
その中で、主流の治療やトレーニングに限界があることや、傷害はなるべくして起こった事などに気づき、それ以来「予防」が最大の治療になるという考えに至る。
それらの考えをもとに、「コンディショニングの大切さ」「自然との調和」をコンセプトとしたコンディショニングスタジオ洋陽を設立。
環境が身体にとって大きな影響があることに着目し、海の見える自然豊かな土地にスタジオを設置。
人が持つ可能性を最大限に引き出し、クライアント自らが、自身の力で良い方向へ向かっていけるような施術を心がけている。

最強のヘルスケアグッズ「JAWBONE」

さてさて。
最近、私が腕につけているモノの正体について、よく聞かれるのでアップしようかと思います。





































こちら、JAWBONEというメーカーのリストバンドは、心拍、睡眠、運動量を測定できる超近代的なヘルスケアグッズなのです!

知り合いにお譲り頂いて使用してみているのですが、Bluetoothで同期できてアプリを開くと自分の様々な状態が確認できます。












心拍は、分刻みでグラフに表されていて、その日1日の中でも緊張していたシチュエーションやリラックスタイムなど、振り返って自覚することもできますし、
特に睡眠に関しては、レム睡眠、熟睡など事細かに明らかで、もうそれはそれは驚きです!
最近の不規則な入眠時間に関しては、ほんとにもう、目を背けたくなるくらい(笑)
何においても、自己管理は全ての基盤。
そのサポートを十分すぎるくらい担ってくれているこのリストバンドは、これからも重宝しそうです。
しばらくこのまま使用してみようと思っています!

2016/04/09

【4/30大阪】OSH Yogaフェスタ in ルクア大阪



4月30日大阪行きます!
昨日告知開始からすでに埋まってきているらしいので、ご希望の方はお早めにどうぞ!
(無料ですってよ!)

お申し込みはこちら

2016/04/06

全力で全開で、ぶちかましてきました

この仕事が決まった半年前から、ずっとそこに意識を合わせて過ごしました。

今日、無事に終えられてよかった。
本当にここ最近、全力で全開だ。

来月に公表します。
乞うご期待!


大好きなメイクアップアーティスト成田さんと。

2016/04/04

生まれ変わります

2016年4月4日、新しいホームページをオープンしました!
(とはいえレッスン告知などが追いついていないため、ひとまずではあります)













ホームページを持つことは初めてではないですが、内容が以前とは比べものにならないほど濃く、たくさんの想いが詰まっています。

これで、私はもうしばらく、しゃべったり書いたりしなくてもいいかなと思えるくらい、これまで感じてきたことや今大切にしていることを、表現しつくしました。

ぜひ、ご覧頂けたら嬉しいです。
あ、できれば、PCのほうでも。写真が、大切な人たちと撮った美しいものばかりなので。

そう、これを作るために仕事を長期間お休みしました。
良い時間を頂きました。サポートしてくださった皆さん、本当にありがとうございます。

最後に、制作を手がけてくれた直井誠氏には、もう感謝しすぎて言葉に尽くせません。
この人とでなければ、私はきっと途中で折れて作れなかったと思います。

このホームページは、これから私は本当にやりたいことしかしないという意志表明でもあります。
さて、自分を生ききろう。

maiko-akutagawa.com