2016/08/27

HPの記載がまだ間に合っていなく(見切り発車もいいとこ)、Facebookのみでひっそりと告知しているレギュラー定期クラスですが、早くもお申し込み頂いています!
そして、キャンセルが出たため10月開始期メンバーとして今回また新たに申し込み受付けをします。
10月からは火曜日の夜クラスも増設します。


下記、詳細です。
------------------------
芥川舞子による
少人数メンバー制 レギュラーヨガクラス
ヨガとは、もともと一対一もしくは少人数の中で伝承されるもの。
そして、誰でも、いつからでも始められ、どこまで出来れば終わりというものもありません。

このように、期限も制限もない中で、ただ継続して行うことこそが、ヨガをヨガとして実践するために、一番大切なことです。

このクラスでは、少人数メンバー制の定期クラスというかたちで行うことにより、一人一人に合ったレッスンと、継続しやすい環境を提供します。

ヨガの効果は、美容・健康促進はもちろんのこと、決してそれだけにはとどまりません。
ヨガは、その人そのものを輝かせ、成長させる力があります。

継続して実践することにより、気がつくと、
人生で関わること全ての底上げとなり、
人生で起こること全てを受け入れながら生きていく力が、身についているはずです。

【日時】
10月スタート
毎週火曜日 ※5週目はお休み
19:00〜20:30(定員5名)
10月スタート
毎週水曜日 ※5週目はお休み
10:00〜11:30(定員5名) 残り1枠
19:00〜20:30(定員5名) 残り1枠

【内容】
ヨガの基本から、自宅で出来るようになるまでの応用まで。
また、自分に合った身体の使い方から、心を感じ精神を整えるメディテーションまで。
少人数制ゆえに、クラスのレベル分けをする必要もなく、一人一人に合わせたガイドがその場で出来るので、どなたでも参加可能です。

【場所】
都営新宿線沿い。東京駅から電車で約25分ほど。
※シークレットスペースなので、ご予約やお問い合わせを頂いた方のみ詳細をお伝えします。

【料金】
月額制12000円
※月4回で、5週目はお休みとなります。
※月初に、教室にて直接お支払い頂きます。

【レンタルマット】
1回300円
※事前のお申込みは不要です。
※ご利用ごとに料金をお支払い頂きます。

【その他】
・少人数制につき、女性限定とさせて頂きます。
・体験レッスンや1回参加枠(ドロップイン)はありません。
継続することで効果を実感できるので、まずは1カ月を目安に通うことを推奨しています。

【申込】
http://www.maiko-akutagawa.com/contact/
まで、必要事項を記入して送信してください。

・予約完了メールが届き次第、正式な申込となります。
・持ち物や料金支払い方法、場所についてなどは、予約完了メールの中で詳しく記載しています。
・3日以内に返信が来ない場合は、お手数ですが再送をお願いします。
-------------------------
よろしくお願い致します!

2016/08/19

先日のtrue nature番外編。
東京タワーとchamaさんと手ぬぐいと私。
実家近くを走行中、
突如として超巨大なダブルレインボー現る!!!
かなり幅も広く、私が観る限りでは8色ほどの層だった。。。

こんなに大きくて、色もハッキリ観えたのは初めて!
ものすごい興奮してしまった。。。

そして、一瞬にして消え、今は雨模様。

# #rainbow

2016/08/16

平和だからこそ

こんなことって、あるんだ・・・


とっても楽しみにしすぎていたtrue nature dusk、まさかの雨で中止・・・

1stセッションで、最後のパートを務める予定だった私。
パラパラ雨の中でトップバッターの奥野先生はなんとか二番目の更科先生にバトンを渡すも、更科先生が始まる時にザーッと降り出して、一時中断。
その後、雨は小降りに。なんとか復活して、更科先生から私にバトンが回ってきたのだが、私のガイド中にまた降り出して、今度は雨で機材がやられたようで音が止まってしまって・・・

音楽が命とも言えるこのエキシビジョン、こうなったらもう、にっちもさっちもいかず、スタッフの方が苦渋の決断を下し、その後の2ndセッションまでもまるっと中止になりました。

自分たちの力でどうにかなることは、たくさんある。
けれども同時に、どうにもならないことも、たくさんある。

この東京の大都会に身を置きながらも、やはり大自然の力にはかなわないのだということを目の当たりにした。


そして、こういうことで悔しい!悲しい!残念!って思えることに、平和を感じた。

そう。
私たちは、恵まれているのだ。
そんなことを痛感させてくれた、恵みの雨なのだ。

「楽しかったね」だけでは終わらない、そんな形ですら宇宙は示してくれている。
あの手この手で、示してくれている。

それに気づくか気づかないかは、自分たち次第で。


今年の終戦記念日は、より忘れられない日となった。


さて。
明日はきっと雨に装備して決行となるはず!
人生あっという間だから1日1日を大切にとは言うけれど、いっぽうで人生長いよ。
明日もまた始まる。

今日のこの日が、またこれからの未来にどう繋がっていくのか想いを馳せながら、ひとまず明日のイベント成功を祈ります☆

とにかく、すごい日でした・・・ 


#写真は到着した時に撮ったこれしかない涙
#誰か写真くれー
#顔が写った写真くれー
#みんなと写った写真くれー
#truenatureは明日まで

2016/08/14

今日の夏は、今日しかないからね。
そう思ったら、毎日が尊い日。

#プール


2016/08/13

成長とか成功とか言う前に

私の尊敬する人が、

「努力が出来たのも、運が良かったから出来たんです」

と、言っていた。
首がもげるぐらい、頷いた。

努力して掴み取ったものがある人は、時として、今生きづらさを抱えている人に対して、

「努力が足りない」「甘えている」と指摘することも少なくない。

いくら努力して掴み取ったものがあったとしても、
そのせいで、今苦しんでいる人に寄り添えなくなるのなら、

そんなもの、私はいらないや。

生きづらさを抱えたままでも、そのぶん人に優しくなれるなら、抱えていようじゃあないかとすら、思う。

そして、ちょうど昨日お会いした、大好きなヘアメイクの成田さんにタイミングよく、

「舞ちゃんは、運が良いんやなぁ〜」って言ってもらった。

そう。私は紛れもなく、運が良い人。

それをちゃんと、自覚しよう。
好きなことに向かっていく努力ができること自体も、有難かったのだと。
誰かと何かのサポートなしでは、ありえなかったのだと。

自己実現、願望達成、好きなことだけをして生きていくetc...

大いに結構。
だけど、それらが人々の格差を生むためのものになりませんように。
のしあがることばかりに気を取られて、人として大切なものを見失っては本末転倒だから。

P.S 
最近、世で言う「成功者」と呼ばれる方たちとの会合に度々呼んで頂く機会が増え、その方たちがコンビニの店員さんを前にして、「ああいう退屈な仕事してる人ってどんな気持ちでやってるんだろ」って話していた時に、

「『仕事があって、有難い。今日もこれで生きられる』って、あなたたちには味わえないような感謝の気持ちでやってるんじゃない?」

って言い返せなかったこと、今でも悔やむ。。。


#スピリチュアルやヨガ業界の落とし穴
#自己実現と願望達成の落とし穴
#せっかくの努力を傲慢の材料にしてはダメ
#ヨガできることや魂うんぬん言ってられる私らは基本的に余裕があるということ肝に銘じよう
#成功していることと人間力は必ずしもイコールではない
#今日も生きたことに感謝しよう
#サントーシャっちゅうやつね
#知足


photo : shigeo gomi

まぁそんなわけで、
(どんなわけで?)
9月から、少人数制グループレッスンをもう一度始めようと思います。

【日程】
毎週水曜日
10:00〜11:30(定員5名)
19:00〜20:30(定員5名)

【内容】
ハタ・ヴィンヤサ・メディテーション
ヨガの基本から、自宅で出来るようになるまでの応用まで。
また、自分に合った身体の使い方から、心を感じ精神を整えるメディテーションまで。

少人数制ゆえに、クラスのレベル分けをする必要もなく、来た人たちに合ったガイドが1人1人その場で出来るので、どなたでもご参加可能です。

【場所】
都営新宿線沿い。東京駅から約25分ほど。
シークレットスペースなので、ご予約やお問い合わせを頂いた方だけに詳細をお伝えします。

【料金】
月額制12000円

【コメント】
*月額制なのは、ある程度続けて来て頂くことで、効果が実感しやすくなるということと、スペースに限りがあるので、1回参加枠を設けてしまうと成り立たなくなるためです。

*週1回のペースを生活のリズムに組み込むことで、「行く・行かない」「やる・やらない」という問答をしなくて済んで、とても楽です。

*どうとでも転べるように、ざっくりとした内容文に、あえて仕上げています。参加者の状況に応じて、自由にテーマを作っていきたいためです。

*少人数制につき、女性限定とさせて頂きます。(男性が5名集まれば、別の日時で開講しようかとも思いますので、ご希望の方は友達連れてきてください笑)

あまり大々的に打ち出さず、ひっそりと密度の濃いクラスをやろうと思っています。
ご興味ある方は、
http://www.maiko-akutagawa.com/contact/
までメッセージください。

2016/08/12

急に水着のオバチャン登場の謎をどなたか知りませんか。

600のポーズを写真付きで紹介するというアイアンガー氏のパーフェクトブック。
このオバチャン(オネエサンかもしれないけど)登場するのは、600もあるポーズのうち、#マユラアーサナ このたった一つだけ。

なぜこのタイミングなの。
なぜボーダーのビキニなの。


そんなことを考えていたら、私は何のために今この本を読み返していたのか、本当の目的を見失ったよ。
こうして今日も迷走ばかりで、瞑想とは程遠い。

#雑念だらけ
#早よやることやれ
#ハタヨガの真髄
#lightonyoga
#bksiyengar

2016/08/09

矛盾を抱えながらも

我が地元、柏の高島屋で行われている「鼻ぺちゃ展」という超マニアックな展覧会へ行ってきた!


うちのフレブル、花子のことを重ねて観ているうちに、涙が。。。



可愛くて愛おしくて涙が出るって感情は、子どもや動物によって初めて知った。

そもそも、鼻ぺちゃとは、闘犬として人為的につくられた犬種。

その歴史を知る程に、そして、彼らを愛おしく思う程に、終わりのない疑問が湧き続け、答えの出ないことを繰り返し考え始めるのだ。

リードにつないで散歩をする時、毎日、本当に毎日思います。
私は、なぜ一方的に、この子をリードでつなぐのかと。

とはいえ、動物たちにとってはたくさんの危険がある場所で、いきなり放すことはできないし。

はい。矛盾だらけで生きてます。私。

それでも、私たちは花子と暮らすことによって、無償の愛を知る。

とにかく、延々とすっきりしない、
そんな想いをずっと抱えながら、生きていこうと思います。


うちの花子。

次号ヨガジャーナルでは・・・

次号ヨガジャーナルを、ちょっぴり告知。

しなやかな筋肉をつくるアシュタンガヨガ企画にて、ケンハラクマ先生との対談をさせて頂きました!


アシュタンガヨガの魅力をたっぷりとお話しさせて頂いたうえに、
ケン先生がご提案されたアーサナプラクティスも盛り沢山。

ケンハラクマ先生にお世話になるようになってから、かれこれ10年ほどになりますが、先生の在り方から学ばせて頂くことは尽きることがなく、変わらず大好きで尊敬し続けています。

そんな先生との対談企画はどんな気持ちだったか・・・
書くまでもなく、それはそれは感慨深いものがありました。

次号ヨガジャーナルが楽しみです。
※9月16日(金)発売予定

そして、ケン先生のスタジオ、IYC表参道にて毎週木曜日9:00〜10:15、アシュタンガヨガのクラスを担当しています。

スタジオHP
http://www.iyc.jp

こちらのクラスもぜひ、よろしくお願い致します。



・・・あぁ。 ぶっちゃけ、めちゃ緊張したぁ。撮影では緊張すること、ほとんど無いのに。さすがに今回ばかりはね!!

2016/08/03

生まれてきてくれて、ありがとう

先日、娘が9歳のお誕生日を迎えました。



お誕生日は、ディズニーランドでお祝いするのが、いつの間にか恒例となりつつあるので、今年も行ってきました。




こちらは、スターツアーズ乗船前。
3Dメガネをかけて。


舞子・小舞子。
激似(笑)


シンデレラ城の椅子にて。


ラストエンペラーばりの貫禄もつき、成長したのを実感・・・。


スプラッシュマウンテンでは、


落ちる時、手を上げられるようになったのも、成長の証・・・。



23歳で、母親にしてもらった私。
それはそれは未熟で、母親の器なんて無くて、もう大変でした。

決して、謙遜して言ってるわけじゃない。だってほら、そうでしょ?
皆さんにとっての23歳を、思い出してごらんよ。
あの時の自分が親になるとか、ありえないでしょ?(笑)なんて。

だから、正直どこかで思ってた。
「こんな私が親でいいのかな。この子は幸せかな」って。

だけど、
これって完全に、子どもの主導権が親にある前提でないと湧いてこない発想だということが、最近ようやくわかったの。

それに気づいた時、
なんて傲慢なんだって、思った。
自分を責めてるフリをして、実は傲慢。

子どもが、親によって幸せを左右される?

違う違う。

どんな親の元であっても、どんな環境であっても、子どもは自分で幸せになる力がある。

人が幸せになる権利は、誰にも汚されるわけがない。
たとえ一番愛する親であっても、幸せになる権利を明け渡せるわけがない。

とは言え、ならば何やってもいいの?

それも、違う違う。

子どもが自ら幸せになる力を信頼しながらも、私は私で少しでも、今よりもっと愛せるように努力を惜しまない。

そんなことを、誓った日でした。


しかし、
娘の成長が、私の成長を待ってくれないね。

最近はというと、私の靴下履いてるし、ビーサンも同じサイズになりつつあるし。

実家に泊まりに行ってシャワーを浴びた時、私は自分の下着の替えを忘れてしまい、出来心で娘の替えパンツを履いてみたらジャストサイズだったというのは過激すぎるエピソードなので絶対に秘密です。
(その後、娘のパンツを履いてどう過ごしたかとか、あまり想像しないでほしい・・・)


私を超えてけ。どんどん超えてけ。
いや、もうすでに超えてるか。

そうして自由に、はばたいて。